HomePage

株仙人のお告げ


先週月曜日の値段にせまる
  Date: 2017-12-18 (Mon)

今年の最高値よりやや安く終わりました。

今日は、殆ど下げることなく、高原状態で、引けにかけてもしっかりした動きで、23000円が手の届くところにやってきました。

ここから上は重たく、反落するところですが、先週四日続落したようなことは起こりにくく、月末に向かって高値を取る動きがはっきりしてくるのではないでしょうか。


プラスになる場面があったが引けでは141円安
  Date: 2017-12-15 (Fri)

指数は簡単に上がりそうもないです。

空売り比率が36パーセントぐらいで警戒しており、再び空売り比率が高くなることが必要な感じです。

新しい四季報もでて、新しく動き出す銘柄も出てくるものと思いますが、
3316東京日産コンピューター、今日は4230円と大幅高となりましたが、前期の四季報でも上げる要素がありそうだと思いましたが、
今回の四季報ではさらに上げている理由があるような感じでした。

仕事の内容がはっきり理解できない銘柄も多く、これからは罫線を重視することに四季報とも見ていかなければならず、
株式で利益を上げるにはそれなりの努力が必要で、世間で言われている簡単なものではないです。

指数は小幅安で終わる
  Date: 2017-12-14 (Thu)

二部指数の上昇が目立ちました。
個別銘柄の物色が続くのでしょう、

決算発表で注目していた3804システムディは、決算発表前から中途半端な動きがみられ、
好決算を期待しているのか、時には失望売りになったりしていた動きは、まるで今日の動きと同じでした。

決算発表する前から市場は数字が分かっていた動きをすることは、驚きです。

好決算ではありましたが、期待以上のものではなかったのでしょう。

5円配当が10円配当になり、今まで注目していなかった人から見れば好決算で、発表以降買いが入ったようですが、
株価が伸び悩むと利食い売りに押され、材料出尽くしの相場となり、逆にさげてしまいました。

今後の動きも中途半端な動きをつづけそうで、成長期待をもちながらもしばらく様子見玉整理待ちの動きとなってしまうのでしょうが、
日柄の経過とともに再度買い上げる時が来るものと思います。

丁度良いテンポで調整となっています
  Date: 2017-12-13 (Wed)

つよばっていると明日、明後日にも23000円をこえてこないと下値をみてから上に行くパターンになります。

個人の力もだいぶついているようで、国内勢だけでも23000円を突破できるかもわかりませんが、
外人買いが入らないと上値を取れないのは今までのパターンです。

外人買いが入りにくい時期ですので、年内は22000円から23000円の値動きでしょう。

8934サンフロンティア、昨日はずいぶん売りが出て、公募価格の引き下げに寄与しています。

今日も売られる場面があり、明日もう一度売られれば値も固まってくるところで、長期投資にも短期売買にもこの時期よさそうです。

引けでも23000円乗せず
  Date: 2017-12-12 (Tue)

空売り比率が再度高まらないと上げにくいものと思います。

外人投資家は、やや買い基調に変化しても金額はわずかで、外人買いが年内は入りにくく、
上げたり下げたりの動きが年末年始も続くものと思います。

その時その時材料が出たものを上手にやっていきたいものです。

サンフロンティアは、安値でおわり、初日は無理やり売りたたく動きで、安く引き受けるための動きと思います。

バロック、システムディ、の決算が14日ごろでそうで、良きにつけ悪しきにつけ思惑を呼ぶところです。

後場持ち直してくる
  Date: 2017-12-11 (Mon)

22938円と23000円を超えそうな勢いとなってきました。

よく上げる株もあれば横ばいの株もあり、かえって下がってしまう株もあり、指数があげても皆が投げるわけではなく、
簡単に投資成果が出る状況でもないようです。

売った株がよく上がったり買いそびれた株がよく上がる一筋縄ではいかない相場です。

いつものことながら上昇相場の初期は非常に難しい動きとなります。

今後活躍する株を間違いなく手に入れる努力は必要です。

22811円
  Date: 2017-12-08 (Fri)

外人買いが少し入ってきたような感じで、23000円抜けを買ってくるかどうか来週注目されます。

今日は久しぶりに安寄りのSQになりました。

東京瓦斯等普通の銘柄でも安く寄り付き、すぐに上げに転じる銘柄が多くみられました。

細かい作業になるが、SQで思わぬ安値で買えなおかつ短時間で利食いができることが時々起きますので、
前もって準備しておかないと取りにくく、改めてその日その日の準備の大切さを再確認しました。



順調にもどりました
  Date: 2017-12-07 (Thu)

年内は下げれば上げる、上げれば下げる、指数はそれほどかわらず個々の銘柄の変化が激しい相場のようです。

3316東日システム、あげたりさげたりしながら右肩上がりで、出来高が細ってきているが、
不動玉がだんだんすくなくなっているのでしょうか。

いままで割安であったので、ここまでの上げは理解できるがこれ以上上げるとなると会社の成長性が今までと変化し、
成長が高まっていく確信のもとレシオを高く買ってよいと判断できる人しか買いにくいところまで来ました。

このような銘柄が今後どのようになっていくか、勉強になる銘柄と思います。


22000円の抵抗線が意識されます
  Date: 2017-12-06 (Wed)

やっと下げた感じで、いままでつよばっていた反対が出ているわけで、今回の下げもある程度下げればまた反発という動きでしょうが、
信用買い残が増えているので、さらに買い残が増えるようであると警戒を要します。

今日は、空売りが増えているような感じはしませんが、空売り比率には注目です。

外人買い以外に高値を買いに来る力はなく、売り込み待ちです。

日計り銘柄として、3484テンポイノベーション、6630ヤーマン、これらは買い時売り時が難しいが、
投資家の力が試させられるところです。

安定銘柄として8511日証金、9624長大、は目先狙いよりも買って持っていることを目的に比較的不安のない銘柄で、
上値が期待できるものと思います。

今日も空売り比率が41を超えたでしょうか。
  Date: 2017-12-05 (Tue)

昨日下げ、今日も寄り付きから下げ、少し売り込む場面があってある程度戻して引ける動きで、
上げたり下げたりの一環の動きが続いています。

明日の日経を見てみないとわかりませんが、空売り比率が41パーセント超えたかどうか注目です。

しかし、まだ売り込みが足らず、明日は上げることがあっても二日間の下げに対する上げで、上昇基調に入るところまではいかないものと思います。

空売り比率が41パーセントを超えていてなおかつ明日売られるようなことがあると相場の転換点になるかもわかりません。

いずれにしても強気弱気ニュートラルで個別銘柄の動きに対処することです。

8511日証金再度600円割れからもう一度600円台に戻ってきましたが、大手銀行がにぎわっていますが、
その辺は機関投資家に任せて個人投資家としてはこんな銘柄を安いところ買っておけば手堅い投資になると思います。

金利上昇があれば収益回復る銘柄で、業績はほぼ底を脱してきたと思います。

- Sun Board -