HomePage

株仙人のお告げ


上げた分また下げてしまいました
  Date: 2018-12-14 (Fri)

21000円を保てるかどうかトピックスが崩れている以上225も下値抵抗線を切ってくる可能性が強くなってきているように思います。

米国も日本も長い景気上昇期間があったので、先行きに対する不安感がどうしてもでてくるところで、
悪材料をもう少し織り込まないと反発しにくいのではないかと思う相場になってきました。


225指数は454円高
  Date: 2018-12-12 (Wed)

引けまでしっかりした動きとなりました。

しかし、トピックスのほうの上げ具合が鈍く、いつトピックススが225並みに戻ってくるか、注目です。

225だけの戻りになってしまうと、12月2日の高値を付けたときのように、反落すると元の値段に戻ってしまうおそれがあり、
トピックスの戻り具合をみたいところです。

出来高少なく底入れ感がでにくいです
  Date: 2018-12-11 (Tue)

出来高を伴って下げると21000円割れになってしまいますが、なんとなくのそこいれも恥ずかしく、
投げ売り的な場面があると反発力も弱く、積極的な買いは難しいところです。

様子見ばかりでなんともやりにくい相場です。

引けで戻らず
  Date: 2018-12-10 (Mon)

前場の安値は更新しなかったものの、終日安い水準で推移しました。

21219円459円安で21000円は保っていますが、トピックスはさらに弱く、225指数も21000円割れがあっておかしくないところにきています。

先行きの見通しがつかないところで、大口の買いも入りにくいと思われ、買戻しで上がる程度の動きしか今後も期待できない感じです。


後場再び買いが入ってくる
  Date: 2018-12-07 (Fri)

今週は1000円も下げる場面があったので、ひと先ず177円高で下げ止まりの気配であるが、
買戻し主体で買いあがる材料がなく、来週は今週の反動高でまた上値を試す動きがでるのでしょうが、
結局上げたり下げたりのくりかえしになりそうです。

下げ止まりを見せた相場ですが
  Date: 2018-12-05 (Wed)

安値から戻る力はあるが、高値を追う力はなく、下値も底固く、上値は重い今年の相場の特徴がつづいています。

今夜NY株式市場が休みで、明日の手掛かりはすくなそうですので、今日の終わり値を中心にしたにらみ合いが続くものと思われます。


指数538円安で上昇基調が崩れる
  Date: 2018-12-04 (Tue)

上げも下げも限界のある相場が続き、今回は日柄的には今週も上昇基調を持続してよいのですが、
取りあえず利食い先行して盛り返すことができるかどうか注目ですが、盛り返すことができないと今までと同じようにレンジの動きに戻ってしまい、
何ともやりきれない相場がつづくことになります。


今週は連騰となりました。
  Date: 2018-11-30 (Fri)

米中首脳会談に対する期待があるのでしょうか。

恒例の月末月初高の動きの感じもします。

日柄的に来週に上げておかしくなく、配当金の再投資等12月は比較的堅調な月でもあり、
今まで悪材料続きであった分12月は比較的しっかりした相場になってくる予想が多いようです。

今年を通じて強気にも弱気にもなれず、まだまだこんな状態が基本の感じとみます。

徐々に期待が高まる
  Date: 2018-11-28 (Wed)

22177円と、22000円回復し、米中首脳会談に対する期待が出てきているのでしょうか。

株式市場は陽転の形になり、しばらく高い動きが期待できるのですが、会談結果次第で上にも下にも行きそうで、
まだ陽転したとみるには早すぎるようです。

一応日柄的にはまだまだ上値が望める状況ですが、何とも言えないところです。

引けにかけて高くなる
  Date: 2018-11-27 (Tue)

伸び悩み気味であったが、引けに買いなおされ、21952円と22000円に手が届くところまできました。

今週いっぱい強そうな動きですが、トランプと習近平との会談結果によってはその後も高くなる可能性があります。

良い話がなければまた今までのように上げたり下げたりの相場に戻るものと思います。


- Sun Board -